• シェア
  • twitter

1月の手紙・メールにおすすめの表現

木村さえこ 木村さえこ

こんにちは。AOKISM編集部の木村です。お手紙を書くとき、毎回、書き出しの表現に迷っていませんか?
1月は、歳の始まり!年賀状のシーズンが終わった後も、寒中見舞いを出すなど、何かと手紙を書く機会が多いのではないでしょうか。
今回は、学生時代日本語学を専攻していた私が、受け取った相手に「いいな」と思っていただけるような、1月のおすすめ表現をご紹介します。

目次

  • 二十四節季を用いた表現
  • 慣用句を用いた表現
  • 初春らしい熟語を活用する

二十四節季を用いた表現


小寒(しょうかん)
1月5日頃から大寒までを指します。寒さが非常に厳しくなるので、このシーズンに突入することを「寒の入り」と呼びます(寒の入りに関しては後述します)。寒中見舞いを出す際は、この日を過ぎてから差し出します。

大寒(だいかん)
1月20日頃から立春までの期間を指します。一年で最も寒さの厳しい季節といわれており、酒や味噌、醤油などの発酵食品の仕込みが行われます。厳しい寒さを日々実感しているという時に、ぴったりの表現です。

慣用句を用いた表現

寒の入り
小寒の日、または小寒~大寒の時期に入ったことを指す表現です。「寒に入りましてから寒さも一層厳しく…」、「寒に入り、寒さひとしお厳しく…」などといった使い方があります。


初春の光さやけく
「さやけく」とは、古語の形容詞「さやけし(清けし・明けし)」の連用形で、澄み切っていて清々しい様を表します。「初春のさやけく、皆さまに置かれましては…」という風に使えます。「さやけし」は、古くは万葉集にも登場する由緒ある表現。今年はぜひ使ってみたいと思っています。


松の内・松納(まつおさめ)
近年では、1月7日までの事を松の内といいます。それ以降にお手紙を書かれる場合に、よく「松の内も過ぎ、いよいよ寒さも厳しくなって参りましたが…」といった使い方をします。松納は、松の内が終わって門松を取り払う時節を指すので、松の内を過ぎたあたりで、「松納のみぎり」などという使い方もあります。

三寒四温
冬場に、寒い日が3日程度続いた後、暖かい日が4日ほど続く気候が繰り返されることを指します。最近では、春先に使われがちですが、本来は冬の表現です。
「まさに三寒四温の今日この頃」、「三寒四温の候」、「三寒四温の季節」などのように、取り入れてみると良いでしょう。

初春らしい熟語を活用する


年賀状以外にも使える、1月らしい熟語をご紹介します。
※基本的に、「~の候」、「~の折」、「~のみぎり」などにつけて使ってください

初春 新年を言い換えた表現。年始にぴったりの表現です。
酷寒厳しい寒さを言います。
厳寒寒さの厳しい冬。また、冬のもっとも寒い頃。
寒烈寒気の激しいこと。

「寒いこと」を表す表現にも色々なバリエーションがありますので、相手の方や、差し出すご自身のお住まいの地域の気象など踏まえて選ばれると良いのではないかと思います。
お気に入りの表現がありましたら、ぜひご活用ください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木村さえこ

木村さえこ

AOKISM編集者の1人。AOKIの創業の地と同じ長野県(信州)の出身。進学で地元を離れるも、何らかの形で長野県と関わる仕事をしたいと思いAOKIへ入社。
入社後は健康関連の2つの新規事業を経験しつつ今に至る。
JRの駅で信州の広告を見るとテンションが上がる。
地理と歴史と美術に関するトピックが好き。趣味は寺社仏閣めぐり。
PAGE TOP
LINE it!