• シェア
  • twitter

アオキ流成功の秘訣 人脈力を磨くために大切なこと

佐藤登彦(さとうたかひこ) 佐藤登彦(さとうたかひこ)

こんにちは!AOKISM編集部の佐藤登彦(さとうたかひこ)です。
経営者の皆様は、ビジネスにおいて大切なことは何だとお考えでしょうか。地元長野でのスーツの行商からスタートし、現在のAOKIグループを一代で築いた、創業者 青木擴憲(あおきひろのり)は、ビジネスで成功するために必要なことの一つは、「人脈力」だと、考えています。今回は「人脈力」を磨くために、青木はどうしてきたのか、その一部をご紹介します。

目次

  • 『徳』を積む
  • 『積徳』という考え方との出会い
  • 成功につながる理由
  • まとめ

 『徳』を積む

会長の青木は後継者の育成のために、AOKIグループ各社の学習会にも非常に積極的に関わっています。その中で、「人脈力」を磨くポイントとして、「人間を磨き、『徳』を積むこと(積徳)」と語っています。

『徳』という言葉の意味を調べてみると、
1、修養によって得た、自らを高め、他を感化する精神的能力。
2、精神的・道徳的にすぐれた品性・人格。
3、身に備わっている能力。天性。
などが出てきます。また、儒教においては、具体的には仁・義・礼・智・信の五徳や孝・悌・忠の実践として表されている、ともされています。そして、『徳』を積み重ねることを、『積徳』と言います。

さて、この『積徳』について、青木は著書「何があってもだから良かった」で以下のように説明しています。

『積徳』とは、自己のベストを他者に尽くしきることです。
常に世の中全体のことを考え、行動することで、自然と信頼され、信用力が高まり、周りの方も喜んで支援・協力してくださるようになります。
(「何があってもだから良かった」PHP出版、著者:青木擴憲 より抜粋)

『積徳』という考え方との出会い

この『徳』を積み続ける、という考え方に青木が初めて触れたのは、1998年60歳の時で出会った、中国古典の教えでした。その中で『積徳』という言葉を青木は学びました。その時のことについて、著書「何があってもだから良かった」の中で記しています。

中国の歴史の中で度重なった洪水。何十年も心血注いで耕してた田畑が、家が、一瞬にして流されてしまう。悲惨な事態だ。それを救ってくれるのは誰か。神様か、仏様か、天か。そうではない。人間しかいない。卓越したリーダーの下、力を合わせて堤防を築くしかない。他社のために全力を尽くすという、そのリーダーの心構えこそ「積徳」なのだ。人間が生きていくうえで、特にリーダとなる人にとって最も大切なことが「積徳」であるとの教え。「徳」とは、自己のベストを他者にために尽くしきること。それを積み重ねることこそ、リーダーの究極の使命だというのだ。
(中略)
徳を積もう。自らも、卓越したリーダーを目指そう。卓越した経営者を育成しよう。
(「何があってもだから良かった」PHP出版、著者:青木擴憲 より抜粋)

成功につながる理由

では、この『積徳』がなぜリーダーに必要なのか、なぜビジネス成功に大切なのか、それについて、青木は社内で説明する際に、例として次のような話をします。

徳を積み続けることで、その行為が、自分自身に勢いをもたらしてくれるようになります。例えば、皆さまが1日1人に対してベストを尽くしたとすると、1年で365人、10年で3650人が、皆さまにベストを尽くしてもらったことになります。もし、皆さまが何かをなそうとしたときに、その3650人はきっと喜んで支援してくれるでしょう。これが勢いとなり、ビジネスを成功に導くのです。

まとめ

・「人脈力」を磨くことは、ビジネスで成功するために必要な要素の一つ。「人脈力」を磨くポイントは、「人間を磨き、『徳』を積むこと(積徳)」

・『積徳』とは自己のベストを他者に尽くしきること。常に世の中全体のことを考え、行動することで、自然と信頼され、信用力が高まり、周りの方も支援や協力を受けることができ、成功に導いてくれる。その心構えは、リーダとなる人にとって最も大切なこと。

いかがでしたでしょうか。この『積徳』という考えを、私が初めて聞いた時、当たり前のことのようではありますが、それはとても難しいことだと感じました。「はたして自分のしたこと、することは、他者のために、ベストを尽くせていたのだろうか」と振り返ると、もっとあの時できたのではないだろうか、と考えさせられました。会社や自分の成功のためにも、他者のためにも、ベストを常に尽くせるように、これからも自分の能力を高め続けていきます!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐藤登彦(さとうたかひこ)

佐藤登彦(さとうたかひこ)

AOKIグループ 寿本舗株式会社 AOKISM編集者。
AOKI店舗で接客業を学び、その後商品部、新規事業部などを経験。ベテランでも若手でもない立ち位置だからこそできる情報を皆様にお伝えしていきます。千葉出身の独身貴族。好きなものはカラオケと焼き鳥。メガネをたくさん持っています。
佐藤登彦(さとうたかひこ)

最新記事 by 佐藤登彦(さとうたかひこ) (全て見る)

PAGE TOP
LINE it!