• シェア
  • twitter

AOKI流 ビジネスでの人とのつきあい方の基本

佐藤登彦(さとうたかひこ) 佐藤登彦(さとうたかひこ)

こんにちは!AOKISM編集部の佐藤登彦(さとうたかひこ)です。
ビジネスをしていく上で、良好な人間関係を保つことはとても重要ですよね。今回はAOKIグループ会長の青木擴憲(あおきひろのり)が考える、ビジネスパートナーである取引先様や、会社の同僚、あるいはお客様との、対人関係を上手に構築するうえでの、大切なポイントをご紹介します。

目次

  • 注意や改善提案へ感謝する
  • おかげさまの気持ちで生きる
  • 間違いや非をいち早く認める
  • まとめ

注意や改善提案へ感謝する

AOKIグループでは、入社して最初の研修時から、「注意されたときには、ありがとうと感謝するようにしましょう。」と教えられます。これは会長の青木の考えであると同時に、グループ全体で浸透している考え方でもあります。そこでは、以下のように教わります。

相手の忠告、助言は、感謝の気持ちを持って素直に聞き入れることが大切です。注意してくださった人や、注意してくれたことに対し、「ありがとう」という感謝の気持ちがあってこそ、自己の成長があり、人格の形成にもつながっていきます。
注意する人には、その相手が改善し、さらに良くなってもらいたいというあたたかい気持ちがあります。だからこそ、相手に嫌われ、うとまれる可能性があるのを覚悟で苦言を呈してくれるのです。

私は、この考え方を入社時に教わっているかいないかで、自分が大きく変わっていたと思っています。新入社員の頃は、当たり前ですが、周りの方に助けていただいたり、ご迷惑をかけることが多くあります。そこで怒られたり、注意されたりすることがありますが、その時に「ありがたいな」と感じることで、素直に受け入れることができました。

おかげさまの気持ちで生きる

また、感謝の気持ちを忘れてはいけないのは、注意された時だけではありません。成功した時や、何かを達成できた時も忘れてはいけない、ということも、同じく入社時に学びます。この考え方について、青木は以前、次のように語っています。

私が、俺が、の「ガ」(我)を捨てて、おかげおかげの「ゲ」で生きましょう。成功は周りの方々のおかげで成し遂げられることを忘れてはいけません。「おかげさま」とは、目に見えないものへの感謝の気持ちを表す言葉です。「おかげさま」の精神を持ち、周囲への感謝を忘れないようにしましょう。人と人との関係を良好に保ち続けることことが、自分自身を一層伸ばすことにつながります。

間違いや非をいち早く認める

周りの人との関係を良好に為つためには、自分自身が正しくないといけません。障害や困難に直面した時に、道を間違えて進まないためには、「本当は本当、嘘は嘘」という考え方を持つようにしましょう、と、青木は言います。

周囲や自分をごまかして(嘘をついて)進んでいくと、嘘を隠すために、また嘘が必要となります。あるがままの現実から目を背けて、小手先のテクニックでカバーできるものではありません。間違いを認めたくない一心で、ますます深みにはまるという愚を犯さないために、過ちは過ちとして、すべてあるがままの現実を直視しましょう。間違ったことをしてしまったら、早く非を認め、本質を正して「これが事実です」と周囲に伝え、そのうえで協力を求めることが必要です。

これは当たり前のことではありますが、実際にはなかなか難しいことですよね。また、自分のミスや間違いを周りに正直に伝えることは勇気がいることですが、先述ような、周りの方と指摘をし合うことがしやすい文化が、それを後押ししてくれていると感じています。

まとめ

・相手の忠告、助言は、「ありがとう」という感謝の気持ちを持って素直に聞き入れることが大切。そうすることで、自己の成長や、人格の形成につながっていく
・注意する人には、その相手が改善し、さらに良くなってもらいたいというあたたかい気持ちがある
・成功や達成ができた時、それは「私が」やったのではなく、周りの方々の「おかげ」で成し遂げられた、ということを忘れてはいけない
・周囲や自分に嘘をついて進んでいくと、嘘を隠すために、また嘘が必要となる。間違ったことをしてしまったら、早く非を認め、本質を正して事実を周囲に伝え、そのうえで協力を求めることが必要

いかがでしたでしょうか。私はこれらの考え方を学び、周りの方からのご提案や、注意を素直に受け入れられるようになりました。これからも、この精神を忘れずに周りの方と、気持ちよくおつきあいできるように励んでいきます!

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
佐藤登彦(さとうたかひこ)

佐藤登彦(さとうたかひこ)

AOKIグループ 寿本舗株式会社 AOKISM編集者。
AOKI店舗で接客業を学び、その後商品部、新規事業部などを経験。ベテランでも若手でもない立ち位置だからこそできる情報を皆様にお伝えしていきます。千葉出身の独身貴族。好きなものはカラオケと焼き鳥。メガネをたくさん持っています。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!