• シェア
  • twitter

ヒートショックに注意!冬の入浴に潜む危険と対策

木村さえこ 木村さえこ

突然ですが、ご自宅の脱衣所は居間と比べて温かいですか?それとも、ひんやりしていますか?日々の生活にとって欠かせない入浴。1日の疲れを取る癒しの時間として大切にされている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。特に寒い冬は、お風呂で暖まりたいですよね。しかし、冬の入浴は、気温の高い夏に比べて用心しなくてはならないポイントがあります。今回は、冬の入浴に潜む危険と題して、ヒートショックについて、そのリスクと対策のポイントをご紹介します。

目次

  • 寒い冬に気を付けたい「ヒートショック」とは
  • ヒートショックが起きる理由
  • 今日から出来るヒートショック対策
  • 最後に

寒い冬に気を付けたい「ヒートショック」とは

たとえば冬場、空調の効いた暖かい部屋から、脱衣所やお手洗いなど、室内の寒い場所に移動する場合を考えます。そのような温度の急激な変化にさらされた時、体内では急な血圧の変化が起こります。それによって、引き起こされる健康被害がヒートショックです。

入浴中の事故死の数は年間約 1万9千人というデータがありますが、外気温と湯温の差が激しくなる12月~2月は特にリスクが高くなるといわれており、全体の約50%がこの時期に発生するそうです。

ヒートショックが起きる理由

血圧は、温度が低くなり血管が収縮すると上がり、反対に暑くなると、血管が広がる為下がります。このような変化が短時間に急激に起こると、心臓に負担がかかるそうです。だいたい10度以上の温度差があると危険なのだといいます。特に入浴に関する一連の流れでは、血圧が急に上がったり下がったりするポイントがいくつか存在します。

下の図を見てください。

まずは入浴のために、部屋から脱衣所に移動したタイミング。日本の多くの家庭では、風呂場や脱衣所は、他の部屋に比べて空調設備が手薄なことが多く、更に衣服を脱ぐことで肌を露出するので、入浴前に寒い思いをすることで、一気に血圧が上がります。このタイミングでは、最悪の場合脳出血に至るケースがあるのだそうです。次に、浴室に移動しますが、浴室も、寒い場合が多くあります。しかし、その寒い浴室から入浴に移ると、熱いお湯に入る事により血圧が急激に上昇します。これを、驚愕反射といいます。ここでも心臓などには大きな負担がかかります。

浴槽の中ではお湯につかっているので、身体が温められ、次第に血管が広がります。それに伴い、血圧は下がって行きますが、すると今度は、めまいや立ちくらみを引き起こす起立性低血圧や、最悪の場合血圧が下がり過ぎて失神という恐れが出てきます。また、長い事浴槽につかっていると、発汗により血液の粘土が増すことで、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。入浴を終えても、また寒い脱衣所に戻ることで、下がった血圧がまた急上昇します。

まさに、血圧は乱高下。危険なポイントがたくさんあるのです。「入浴中の突然死」などと聞くと、つい自分には縁遠く感じたり、まだ若いから大丈夫と思いがちですが、日頃元気な人でも油断はできないそうです。特に、血圧が高めなどの生活習慣病の予備群の方は注意が必要です。では、原因が分かったところで、対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

今日から出来るヒートショック対策

ヒートショックを防ぐために、今すぐできることを6つのポイントにまとめました。

  1. 脱衣所と浴室を温める 脱衣所に暖房器具を設置するのは、急激な寒暖差の解消のためにはとても有効です。またお湯をためる時、シャワーを使うと湯気で浴室が暖まりやすくなります。溜まったお風呂の蓋を、入浴前にしばらく開けておくのも良いでしょう。
  1. 熱いお湯に長湯しない 熱いお湯とは、42度以上のお湯を指します。のぼせてぼーっとなってしまう等、ひやりとした経験のある人は、熱いお湯に長湯していた傾向があるそうです。特に高齢者は、お湯の温度は41度以下にし、10分程度で切り上げるようにすると良いでしょう。
  1. 浴槽から出る時にはゆっくりと 消費者庁もこのように注意を喚起しています。

入浴中には湯で体に水圧がかかっています。その状態から急に立ち上がると体にかっていた水圧が無くなり、圧迫されていた血管は一気に拡張し、脳に行く血液が減り、脳は貧血状態になり一過性の意識障害を起こすことがあります

消費者庁プレスリリース 冬場に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください!平成 28 年1月 20 日より

  1. 食後すぐやアルコール摂取後の入浴は避ける 高齢者に多い症状で、食後に血圧が下がりすぎる食後低血圧というものがあります。ひどい場合、失神する恐れがあるので、入浴中にこれが起こると危険です。食後はしばらく休んでから入浴しましょう。また、アルコールの摂取が、入浴中の事故と結びつく事例も多く報告されています。それ以外にも、体調がすぐれないときや、降圧剤、睡眠薬などの薬剤を飲んだ後も、避けた方が良いでしょう。
  1. 深夜や早朝の入浴は避ける 深夜や早朝は、1日の中でも特に気温が下がりやすいこと、また、家族が寝静まっているなどで、何かあった場合の発見が遅れる傾向がある為、他の時間帯を選ぶのがおすすめです。
  1. 家族に一声かけてから入浴する 5と似ていますが、もし不幸にして入浴時に何かトラブルがあった場合、即座に発見されることはその後のためにもとても大切です。同居している家族がるいる方は、ぜひ一声かけてからの入浴するようにしましょう。

最後に

ヒートショックについて、様々な資料を当たりながら思ったのは、お風呂に入るとき、冬場は脱衣所に行くのがなんとなくストレスに感じていたのは、寒さが身体に大きな負担をかけているからなのかもしれないなという事でした。入浴は身体も暖まり、リラックス効果もあってよい物なので、気を付けるべきポイントは気を付けて、安全で楽しいバスタイムを過ごせればよいなと思います。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
木村さえこ

木村さえこ

AOKISM編集者の1人。AOKIの創業の地と同じ長野県(信州)の出身。進学で地元を離れるも、何らかの形で長野県と関わる仕事をしたいと思いAOKIへ入社。
入社後は健康関連の2つの新規事業を経験しつつ今に至る。
JRの駅で信州の広告を見るとテンションが上がる。
地理と歴史と美術に関するトピックが好き。趣味は寺社仏閣めぐり。
PAGE TOP
LINE it!