• シェア
  • twitter

疲れやすい年始に知りたい!今補給すべき栄養素

範舟 範舟

皆さんこんにちは!AOKISM(アオキイズム)編集部の範(はん)です。また新たな一年が始まりましたね。本年は、経営者や忙しく働くビジネスマンの皆様により多くの役立つち情報をご提供できるよう努力いたしますので、何卒AOKISMを宜しくお願いいたします!

新年になると、心機一転、今年はがんばろうと思いますよね。しかしながら、帰省などのイベントで何かと忙しく、年明けは疲れていることが多いはず。実業家であり、大学教授でもある渡部卓さんの著書「明日に疲れを持ちこさないプロフェッショナルの仕事術」より、慢性的な疲れを起こしにくい体のベースを作る栄養素を紹介したいと思います。

目次

  • 3つの疲れ
  • 慢性的な疲れはビタミンB群不足が原因
  • 3つのお皿でバランスよく栄養摂取し、より疲れない体のベースを作る
  • 食事から摂取することが難しい場合は
  • 終わりに

3つの疲れ

一口に「疲れる」といっても、その原因は様々です。渡部さんは以下のように解説しています。

1.肉体的疲労
肉体的疲労は、筋肉を動かすためのエネルギーの不足と、疲労物質(乳酸)の蓄積が原因です。燃料切れの車と同じように、筋肉もエネルギー不足の状態では力を発揮できません。また、筋肉は酸性に弱いため、乳酸が多く蓄積されると、疲れやだるさ、筋肉の張りとなって現れます。
また、同じ姿勢を長く続けていると、そこに乳酸がたまり筋肉の働きは悪くなります。さらに、筋肉は適度に動かさないと萎縮し、どんどん弱くなっていきます。

2.精神的疲労
精神的疲労は、人間関係や悩み事などのストレスを原因とする心の疲れです。

3.神経的疲労
神経的疲労は、デスクワークなどで視神経や脳が緊張した状態が続くことによっておこる脳の疲れです。

これら3つの疲労は、互いに関係しているために、何が原因で疲れているのか自分では分からないこともあります。

渡部卓「明日に疲れを持ちこさないプロフェッショナルの仕事術」

一時的な疲れであればおいしいものを食べて十分な睡眠をとればだいたい消えるかもしれませんが、慢性的な疲れは、なかなかそれだけでは解消できないものですよね。慢性的な疲れにあてはまる原因はなんでしょうか。

慢性的な疲れはビタミンB群不足が原因

例えば偏った食事による栄養バランスの乱れなどによるだるさや倦怠感に代表される慢性的な疲れは、栄養素をエネルギーに変える働きを持つビタミンB群が不足すると発生しやすくなると言われています。食生活の乱れについて、渡辺さんはこのように述べています。

たかが食事と侮ってはいけません。忙しさにかまけて食事をおろそかにしていては、たとえどんなに有能な人であっても、そのパワーを発揮し続けることは難しいでしょう。
寝ても疲れがとれない、慢性的な疲れに悩んでいるという人には、いま一度、ご自身の食習慣をしっかり見直してみることをおすすめします。

渡部卓「明日に疲れを持ちこさないプロフェッショナルの仕事術」

ビタミンB群が多く含まれている食材には、豚肉、胚芽米、そば、納豆、豆腐、たらこ、干し海苔などが挙げられます。注意すべきは、たくさん摂取しても体内で溜めることができないので、毎日摂取することを心がけましょう。

3つのお皿でバランスよく栄養摂取し、より疲れない体のベースを作る

ビタミンB群に加え、慢性的に疲れにくいベースを作り上げるにはバランスの良い食事を心がけるには、やはり普段の食生活を見直すことが重要です。

食事の基本は主食、主菜、副菜の3つのお皿です。外食やコンビニのお弁当では、何が材料になっているか分かりにくいですが、この3つのお皿なら、バランスをチェックすることができます。

主食は、炭水化物で、ご飯やパンや麺など。主菜は、たんぱく質や脂質の供給源となる、お肉、魚、卵、大豆などです。そして副菜は、ビタミンやミネラル、食物繊維などを補給する、野菜やイモ、キノコ類、海藻類などが該当します。

この3つのお皿を毎食、ひと皿50グラム以上と覚えてバランスよく摂取します。

さらにカルシウムやビタミンを補給してくれる、牛乳、ヨーグルト、果物、ナッツ類をこの3つのお皿に加えるのが理想的です。

男性の場合、いちばん摂りにくいのが副菜だと思いますが、具だくさんのスープを作り置きしておくことで調理の手間を省くことができます。塩、こしょう、お醤油、コンソメなどがあれば、あとは野菜から出るうまみで、簡単においしいスープを作ることができるのです。

渡部卓「明日に疲れを持ちこさないプロフェッショナルの仕事術」

普段からこのようなバランスのとれた食生活ができれば、疲れにくい体のベースを手に入れることができるでしょう。

食事から摂取することが難しい場合は

それでも、食事を作る時間がなかったり習慣がないなど、朝食は食べない、お昼は丼ものや麺類を食べることが多いという方もいらっしゃると思います。そんな方は、是非手軽に栄養を補給できるサプリメントを試してみることをおすすめします。特に、ビタミンやミネラルがバランスよく入っている総合タイプのサプリメントが良いでしょう。なぜなら、栄養素は1種類摂取ではその効果を十分に発揮できないからです。

AOKIグループが展開しているフルパワー10は、1日に必要なビタミン・ミネラルが22種類、その上でさらに元気に活動するための栄養成分が14種類入っています。詳しくは各記事サイトのリンクバナーよりご覧になってみてください。

終わりに

AOKISM(アオキイズム)では、頑張る経営者やビジネスマンの皆様の健康を応援する様々な情報を配信中です。是非他の記事もチェックしてみてください。

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
範舟

範舟

2014年度入社。新宿西口店配属。以降都心の店舗を中心に約1年半、店舗スタッフとして外国のお客様も含めた様々なお客様をご案内。2015年に新規事業設立のサポートに携わり、現在は、主に経営管理業務とWebを担当。目まぐるしく変化する経営環境の中で、鍛練中。趣味はビリヤードとカラオケです!
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!