• シェア
  • twitter

4月が旬!筍(たけのこ)の栄養と料理

中川 綾子 中川 綾子

こんにちは、がんばる社長のサポーター中川綾子(なかがわあやこ)です。

今日は、今から旬を迎える筍(たけのこ)について、触れてみたいと思います。なぜ筍にしたかというと、私がふと食べたくなったからですw 筍が好きな方はぜひお読みください!

目次

  • 筍の由来、いつが旬なの?
  • 筍は栄養が豊富!
  • スピード処理で筍を美味しく食べる

筍の由来、いつが旬なの?

筍(たけのこ)の旬は、4~5月。まさに春の味覚です。関東にいる私だと、5月のゴールデンウィークに食べるのはちょっと遅めな感覚ですね。いつも4月になると実家の母があく抜きまでしてくれて丸のままおくってくれるのですが、とってもみずみずしくて風味豊かで、味わい深いです!

筍は日本に100種類以上あるようですが、私たちがよく食するのは孟宗竹(もうそうちく)の筍が多いようです。

筍は「竹」かんむりに「旬」と書きます。「旬」は上旬、中旬といった使い方からもわかるように、10日を意味する言葉でもあります。筍の漢字は、一説によると竹の成長スピードが速いことを表していて、10日間で筍が竹になることからきているとのこと。筍掘りの時期は一瞬ですね!

筍は栄養が豊富!

では筍にはどんな栄養が含まれているのでしょうか。おいしいだけではもちろんありません!亜鉛、カリウム、ビタミンB群、ビタミンEなどを含んでいて、食物繊維も豊富です。筍の食物繊維は腸内で消化吸収されず、便の量を増やして便通を良くする働きがあります。ですので、コロコロ便秘の方などにおすすめです。また、腸内の老廃物や発ガン性物質などの有害物質を吸着して体の外へ排出することにも一役買ってくれます。生活習慣病の予防にとても効果的です。

また、ゆでた筍の節に白い固まりのようなものがありますよね。これは筍に含まれている「チロシン」というアミノ酸が白く結晶化したものです。ゆでた時に溶け出したものが、冷えて固まったものなので食べても害はありません。チロシンは神経の伝達に関わる物質をつくったり、代謝をコントロールする甲状腺ホルモンの原料になります。必須アミノ酸ではありませんが、春の不調予防にとりたい成分です。
筍の食物繊維は腸内で消化吸収されず、便の量を増やして便通を良くする働きがあります。ですので、コロコロ便秘の方などにおすすめです。
また、腸内の老廃物や発ガン性物質などの有害物質を吸着して体の外へ排出することにも一役買ってくれます。生活習慣病の予防にとても効果的です

スピード処理で筍を美味しく食べる

筍は成長も速いですが、おいしく食べるのにはスピードが命です!筍は掘り出された後、時間を追うごとにどんどんアクが強くなってしまいます。極力早いうちに下ゆでをして、アク抜きを行いましょう。ゆでて冷めた後は皮をむき、水に浸して容器やジップロックなどに入れて冷蔵庫で保存します。これもポイントですが、中に入れている水はなるべく毎日替えてください。そうすれば1週間程度はもつと思います。

 

 

私が好きな食べ方は、シンプルにお出汁でたく若竹煮。味付けも醤油、みりん、塩くらいで、わかめもサッと煮て一緒にいただきます。木の芽もあると一層風味豊かにいただけますよね!!

 

 

土佐煮もいいですね!その名の通り、土佐名物である鰹節をふんだんにつかって醤油、みりん、酒などと一緒に煮たものです。鰹節の風味が濃厚で、若竹煮とは一味ちがったシンプルな一皿ですね!

 

 

それから、筍ごはんも外せませんね!!もちっとしたご飯と筍の歯ごたえが絶妙でとってもおいしくて、ついついおかわりしてしまう一品です!

食べたい気持ちを抑えきれず、ついつい筍について語ってしまいました。。。
今の時代いつが旬かわからなくなるくらい、いつでも食材は手に入りますが、生の筍は本当に一瞬です!ぜひ筍で栄養をとって、春を感じながら美味しさも満喫してください!

  • シェア
  • twitter

「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは 以下画像をクリックで記事を見る

The following two tabs change content below.
中川 綾子

中川 綾子

AOKIグループ 寿本舗株式会社 執行役員社長
1998年、まだ紳士服のAOKIのみだった現AOKIホールディングスに入社。紳士服のAOKI店舗で販売を経験後、ブライダル事業のアニヴェルセル表参道で販促に従事。初めて間近で創業者の青木擴憲(あおき ひろのり)に接したプレゼン中、若気の至りと緊張で周りが静まり返るようなことを発言。それが青木に覚えられるきっかけとなり、本社の広報室へ異動。広報として青木とコミュニケーションを取りながら8年間従事した後、新規事業に携わり現在に至る。
間近で青木擴憲(あおき ひろのり)会長、青木寶久(あおき たかひさ)副会長の話を伺い、叱咤激励をいただいてきたことで、経営者を志すようになった。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!