• シェア
  • twitter

つまり日焼けはカラダに良いのか悪いのか。

佐藤登彦(さとうたかひこ) 佐藤登彦(さとうたかひこ)

こんにちは!AOKISM編集部の佐藤登彦(さとうたかひこ)です。
暦上では夏季に入り、休日や連休に外出される方も多いと思います。そんな時に気になるのが日焼けですよね。今回は、そんな日焼けに関してご紹介します。ぜひご覧ください。



日焼けとはどういうものなのか

日焼けというと、健康的・スポーティーなイメージを持たれる方も多いかと思います。しかし実際に日焼けすることは、カラダに良いことなのでしょうか。結論からお伝えすると、環境省によると、「日焼けすることは、健康的なことではない」そうです。日焼けとは、紫外線による被害からカラダを守ろうとする防衛反応であり、軽度の熱傷(やけど)に分類されるものだそうです。過度に日焼けをしてしまうと、シミやそばかすの原因になったり、水膨れができてしまったりします。

とはいえ、日光を浴びることはたくさんのメリットがあります。カルシウムの吸収を助けるビタミンDの合成や、幸せ成分と言われるセロトニンの分泌を促すので、過度に日光を避けることは推奨されていません。何事もほどほどが大切、ということですね。


日焼けで疲れる理由

日焼けをしてしまった後に、なんだかカラダがだるくなった経験はありませんでしょうか。これは実は日焼けすることが原因なのではなく、日光にあたることでカラダが疲労するからなのだそうです。日光に当たると、紫外線から体を守るために活性酸素という酸化物質が生まれます。この活性酸素が必要以上に生まれると、それを除去するために疲労物質が蓄積してしまい、結果として疲労するそうです。また、体温調節や水分不足によっても、体は疲れてしまうので、それらもあわさって、外出後にどっとだるくなる、ということが起きるのです。


日焼けをした後にやっておきたいこと

では、日焼けをした後にやっておきたいことはどんなことがあるのでしょうか。まずは、日焼けの後は肌にダメージを受けていますので、水分補給や保湿のアフターケアが大切です。また、食事などでの栄養の摂取も重要になってきます。皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをする「ビタミンB1」、カラダを作るもとになる「たんぱく質」、抗酸化作用のある「ビタミンC」、疲労回復効果のある「クエン酸」などを摂ることがオススメです。
これらは豚肉やトマトなどに多く含まれていますので、実は夏に冷しゃぶサラダを食べることは、理想的なんですね!


まとめ

  • 日焼けとは、紫外線による被害から体を守ろうとする防衛反応であり、必ずしも「日焼け=健康」とうわけではない
  • 日光には、カルシウムの吸収を助けるビタミンDの合成や、幸せ成分と言われるセロトニンの分泌を促す効果がある
  • 日光浴びることで、活性酸素という酸化物質が生まれ、それを除去する為に疲労物質が蓄積することで疲労する
  • 日焼け後には、水分補給や保湿のアフターケアが大切
  • 日焼け後は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをする「ビタミンB1」、身体を作るもとになる「たんぱく質」、抗酸化作用のある「ビタミンC」、疲労回復効果のある「クエン酸」などを摂ることがオススメ

いかがでしたでしょうか。真っ黒になることが必ずしも健康につながるわけではないのですね。日焼けのしすぎに気を付けながら、充実した夏季を過ごせるようにしていきます!

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
佐藤登彦(さとうたかひこ)

佐藤登彦(さとうたかひこ)

AOKIグループ 寿本舗株式会社 AOKISM編集者。
AOKI店舗で接客業を学び、その後商品部、新規事業部などを経験。ベテランでも若手でもない立ち位置だからこそできる情報を皆様にお伝えしていきます。千葉出身の独身貴族。好きなものはカラオケと焼き鳥。メガネをたくさん持っています。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!