• シェア
  • twitter

熱中症・夏バテ対策に!夏の正しい水分補給とは

佐藤登彦(さとうたかひこ) 佐藤登彦(さとうたかひこ)

こんにちは!AOKISM編集部の佐藤登彦(さとうたかひこ)です。外出すると汗が噴き出るような気温になる日が増えてきましたね。皆さまはそんな時の水分補給をどうされていますか。今回は夏の正しい水分補給の方法や、おすすめの飲み物をご紹介します。


夏に避けたい飲み物、飲み方とは

皆さまは喉が渇いた時、汗をかいた時にどのような飲み物を飲まれますか?私がそうなのですが、特に何も気にせず、手近にある飲み物をごくごく飲んでしまうことが多いのではないのでしょうか。 しかし水分補給という側面で考えると、不向きなものが実は多いのだそうです。
まずはカフェインの入っている飲み物は利尿作用が高いため、水分補給には不向きとされています。例えば紅茶やコーヒー、アルコール、栄養ドリンクです。特にアイスコーヒーや栄養ドリンクは、仕事の外出先などで飲まれる方も多いのではないでしょうか。また、甘い炭酸飲料やジュースもおすすめではありません。1日の中で何度も飲むには、糖分が多く含まれすぎているためです。血液がドロドロになる原因になったりと、健康面から考えてあまり良くないそうです。


正しい水分の摂り方とは

水分補給といっても、実際はどのくらいを1日の中で摂ればよいのでしょうか。厚生労働省によると、1日で体から出ていく水分は平均で2.5Lなのだそうです。出た分の水分を摂るとなると、飲み物からの摂取目安は1.2Lになります。(残りの水分は食事や体内でつくられる分から補われます) くわえて厚生労働省は、のどの渇きは脱水が始まっている証拠であるため、渇きを感じる前に水分を摂ることが大事だとしています。特に水分が不足しやすい、就寝の前後、スポーツの前後・途中、入浴の前後、飲酒中あるいはその後等に水分を摂ることが重要なのだそうです。
また、水分補給のうえでもうひとつ気をつけることがあります。それは冷たい飲み物を摂りすぎることです。冷たいものを飲むと、当然体内の温度は下がります。すると、内臓の機能も低下する為、冷やし過ぎると消化機能などが弱まり、夏バテを助長してしまう可能性があるそうです。何事もほどほどに、適量でおさめることが重要なのですね。


熱中症・夏バテ対策に適した飲み物とは

では、夏場はどのような飲み物から水分補給をするのが良いのでしょうか。ポイントはふたつです。ひとつめは、「汗と同時に失われたミネラルを補えること」です。ミネラルが不足すると熱中症や脱水症状のリスクが高まります。水分を補給するだけでは、夏の対策としては不十分なのだそうです。ポイントのふたつめは、「水分補給に適したものであること」です。前述しましたが、利尿作用が高いものなどは不向きです。これらのポイントから、おすすめの飲み物は「麦茶」や「ドクダミ茶」などです。また、スポーツなどで汗を大量にかいたり、素早く水分補給をしたい際は、「スポーツドリンク」がおすすめです。
なお、この時期によく目にする経口補水液ですが、熱中症になってしまった場合を想定している飲み物のため、普段の生活で飲むには適していません。塩分量が多すぎるためです。日中の外での作業や運動などでたくさん汗がでている場合を除いては、上記の飲み物で水分補給をすることが良いとされています。

いかがでしたでしょうか。普段気にせず飲んでしまっている飲み物ですが、気を付けることが結構あったのですね。これからの夏を充実させるためにも、正しい水分補給をするよう心掛けましょう!

(出典元:厚生労働省HP「健康のため水を飲もう」推進運動)

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
佐藤登彦(さとうたかひこ)

佐藤登彦(さとうたかひこ)

AOKIグループ 寿本舗株式会社 AOKISM編集者。
AOKI店舗で接客業を学び、その後商品部、新規事業部などを経験。ベテランでも若手でもない立ち位置だからこそできる情報を皆様にお伝えしていきます。千葉出身の独身貴族。好きなものはカラオケと焼き鳥。メガネをたくさん持っています。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!