• シェア
  • twitter

男性の更年期障害は40代から!

中川 綾子 中川 綾子

こんにちは、がんばる社長のサポーター 中川綾子(なかがわ あやこ)です。

最近なんだか疲れやすいな、やる気がでなかったりイライラしたり、集中力にかけてしまったり、そんなことはありませんか?女性の更年期障害はよく知られていますが、男性にも更年期障害があるんですね。もし40代以上の男性で、今までと違うカラダや心の変化を感じている方がいらっしゃったら、もしかすると更年期かもしれません。今回は、男性の更年期障害について触れてみたいと思います。

目次

  • 男性の更年期の原因は?
  • どんな症状なの?
  • 更年期かな?と思ったら

男性の更年期の原因は?

出典:NHK健康チャンネル

女性の更年期は閉経を挟んだ10年間(人により異なりますが、40~60代と言われています)で、女性ホルモンの低下により起こる更年期障害はよく耳にすると思います。男性の更年期障害ももちろんホルモンが関係しており、男性ホルモン低下、加齢、ストレスなどが原因で生じます。男性ホルモンの95%を占めるのがテストステロンであり、テストステロンが減少し始める40代以上の男性ならどの年代でも更年期が起こる可能性があるそうです。男性ホルモンは全身で多くの重要な役割を担っており、筋肉や骨、中枢神経系、性機能など、働きが多岐にわたるため、ホルモンの低下は様々な症状につながります。例えば、テストステロン低下による筋肉量や筋力の低下。また、記憶、言語、算数、空間認識、判断といった認知力にも、影響があるとも言われています。

どんな症状なの?

男性更年期障害の症状は大きく精神症状・身体症状・性機能症状の3つに分類 されます。イライラ、不安、眠れないといった精神症状。発汗、ほてり、疲れやすい、頻尿などの身体症状。性欲の低下といった性機能症状がその例です。ですが、最近疲れがたまったせいかな、年だしなと自己判断していたり、その症状が「うつ病」などの精神神経科疾患と重なる場合も多いため、更年期であると自覚している人は少ないと言われています。

更年期かな?と思ったら

もしかしたら更年期かな…と思ったら、泌尿器科を受診。また最近は、男性更年期外来を設けている医療機関もありますので、お近くにどういった医療機関があるかまずは調べてみましょう。

また、生活環境の見直しをすることも大切ということなので、NHK健康チャンネルから以下ご紹介します。

ポイントは、競い合う運動睡眠ストレスをためないようにするの4つです。

「競い合う」ゴルフやテニスなどのスポーツをする、囲碁や将棋のようなゲームをするなど、仲間と競い合うようにすることで、男性ホルモンが分泌され、症状の改善が期待できます。また、展覧会に作品を出品する、カラオケをするなど、人から評価される趣味をもつことも有効です。

「運動」運動して体の大きな筋肉に刺激を与えると、男性ホルモンの分泌が増えることがわかっています。腕立てやスクワットなどの筋力トレーニング、階段の上り下り、少し息切れするくらいの速さで歩くなどの運動を、毎日10分程度でもよいので継続することが大切です。

「睡眠」男性ホルモンは朝に高くなり、夕方に低下するという特徴があります。これは、眠っている間に男性ホルモンが分泌されるためです。不眠症などで十分な睡眠がとれなくなると、男性ホルモンの値が低いままになってしまうので、しっかりと睡眠をとりましょう。

「ストレスをためないようにする」過剰なストレスがかかると、精巣で男性ホルモンを作る能力が落ちてしまいます。ゆっくり入浴する、休日に遠出して温泉につかる、趣味を楽しむなど、自分なりのストレス解消法をもつようにしましょう。

予防という意味からも、今からでも取り組むことができそうですね!加齢に伴い、どうしても避けられないことは確かにありますが、いつまでも元気で若々しく、パワフルに毎日を過ごしたいですよね!ご参考になりましたら幸いです。お読みいただき、ありがとうございました。

参考: <特集「心と身体の健康―最近の話題―」> 男性更年期障害 LOH症候群の観点から― 邵仁哲 京都府立医科大学大学院医学研究科泌尿器外科学

  • シェア
  • twitter

「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは 以下画像をクリックで記事を見る

The following two tabs change content below.
中川 綾子

中川 綾子

AOKIグループ 寿本舗株式会社 執行役員社長
1998年、まだ紳士服のAOKIのみだった現AOKIホールディングスに入社。紳士服のAOKI店舗で販売を経験後、ブライダル事業のアニヴェルセル表参道で販促に従事。初めて間近で創業者の青木擴憲(あおき ひろのり)に接したプレゼン中、若気の至りと緊張で周りが静まり返るようなことを発言。それが青木に覚えられるきっかけとなり、本社の広報室へ異動。広報として青木とコミュニケーションを取りながら8年間従事した後、新規事業に携わり現在に至る。
間近で青木擴憲(あおき ひろのり)会長、青木寶久(あおき たかひさ)副会長の話を伺い、叱咤激励をいただいてきたことで、経営者を志すようになった。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!