• シェア
  • twitter

それって熱中症?困ったときの症状の見方と対処方法

佐藤登彦(さとうたかひこ) 佐藤登彦(さとうたかひこ)
 

こんにちは!AOKISM編集部の佐藤登彦(さとうたかひこ)です。
全国的に猛暑が続き、熱中症の患者がとても増えてしまっていますね。今回は熱中症についてご紹介します。いざという時に処置が遅れないために、ぜひご覧ください。

目次

  • 熱中症の症状
  • 判断の仕方と対処方法
  • どこからが救急車?

熱中症の症状

「熱中症」という病名は夏場に特によく耳にすると思います。実際にどのようなものなのでしょうか。環境省によると、以下のように説明されています。

熱中症は・・・
・体温を平熱に保つために汗をかき、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)の減少や血液の流れが滞るなどして、体温が上昇して重要な臓器が高温にさらされたりすることにより発症する障害の総称です。高温環境下に長期間いたとき、あるいはいた後の体調不良はすべて熱中症の可能性があります。
・死に至る可能性のある病態です。
(環境省「熱中症環境保健マニュアル 2018」より抜粋)

また、熱中症を症状から見た分類にすると以下のようになります。


(環境省「熱中症環境保健マニュアル 2018」より)

「熱失神」
暑いところで体温が上昇すると、放熱のために皮膚血管を拡張して皮膚への血流量を増やし皮膚温を上昇させます。立ったままの姿勢を持続していると血液が下肢にたまり、脳への血流が減少するため、一過性の意識消失(失神発作)をおこします。

「熱けいれん」
暑いところでたくさん汗をかいた時には水分だけでなく電解質も喪失しますので、真水や塩分濃度の低い飲料を補給すると、血液中の塩分濃度が低下し痛みを伴う筋肉のけいれんが起きます。

「熱疲労」
血液が放熱のために皮膚へ貯蓄することに加えて、仕事や運動のために筋肉へも供給が増えると、心臓に戻る血液量が減少します。すると、心拍出量の減少で循環血液量が減少し、重要臓器(脳等)および内臓への血流が減少することにより、めまい、頭痛、吐き気等の全身性の症状をともなうことがあります。体温は正常もしくは少し上昇しますが、40℃を超えることはありません。軽度の錯乱等がみられることはありますが、昏睡等の高度な意識障害はみられません。

「熱射病」
脱水と循環不全がさらに増悪すると、発汗と皮膚血管拡張ができなくなり、体温が過度(40℃以上)に上昇し、脳を含む重要臓器の機能に障害が起き、体温調節不全、意識障害に至ります。この場合、意識障害は診断に重要で、重症の昏睡だけではなく、応答が鈍い(自分の名前が言えない等)、何となく言動がおかしい、日時や場所がわからない等の軽いものもあるので注意が必要です。一旦、熱射病を発症すると、迅速適切な救急救命処置を行っても救命できないことがあるため、熱疲労から熱射病への進展を予防することが重要です。

ただし実際の例ではこれらの病態が明確に分かれるわけではないため、救急処置は病態によって判断するよりも、次にご紹介するⅠ度~Ⅲ度の重症度に応じて対処するのが良いと環境省では呼びかけています。

判断の仕方と対処方法

熱中症でおきる症状は様々ですが、重症度・緊急度からみて、おおきく3段階に分けられています。大事に至らないためにもこの重症度に合わせて、迅速に対応することが大切になってきます。


(環境省「熱中症環境保健マニュアル 2018」より)

それぞれの重症度についての対処方法は以下のようになっています。

Ⅰ度の症状があれば、すぐに涼しい場所へ移し体を冷やすこと、水分を自分で飲んでもらうことが重要です。
そして誰かがそばに付き添って見守り、意識がおかしい、自分で水分・塩分を摂れない、応急処置を施しても症状の改善が見られないときはⅡ度と判断し、すぐに病院へ搬送します。
医療機関での診療を必要とするⅡ度と入院して治療が必要なⅢ度の見極めは、救急隊員や医療機関に搬送後に医療者が判断します。
(環境省「熱中症環境保健マニュアル 2018」より)

どこからが救急車?

上述しましたが、重症度がⅡ度と判断した場合はすぐに病院へ搬送が必要になります。応急処置についてまとまっているものが以下です。


(環境省「熱中症環境保健マニュアル 2018」より)

また、患者が意識障害を起こしていて状況確認が十分にできず診断に手間取るなど、熱中症に対する処置が迅速に行えなくなるケースがあるため、環境省では、その場に居あわせた最も状況のよくわかる人が医療機関まで付き添い、発症までの経過や発症時の症状等を伝えるよう呼びかけています。
さらに、救急車を要請した時には、到着までも冷却を継続することが重要です。

いかがでしたでしょうか。重症化してしまう前に対応することが大切なのですね。少しでもおかしいな?と思ったら、水分・電解質補給のための飲料を飲むなどして熱中症を防ぎ、ぜひ夏を楽しくお過ごしてください!

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
佐藤登彦(さとうたかひこ)

佐藤登彦(さとうたかひこ)

AOKIグループ 寿本舗株式会社 AOKISM編集者。
AOKI店舗で接客業を学び、その後商品部、新規事業部などを経験。ベテランでも若手でもない立ち位置だからこそできる情報を皆様にお伝えしていきます。千葉出身の独身貴族。好きなものはカラオケと焼き鳥。メガネをたくさん持っています。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!