• シェア
  • twitter

夏バテ回復にデトックス効果まで・・・!美味しいだけじゃない『梨』の魅力に迫る!

好宮聖子 好宮聖子

こんにちは、管理栄養士の好宮です。
梨が美味しい季節がやってきました。よく冷やした梨は、夏の水菓子の代表格ですよね。
ところで、梨は美味しいだけでなく、夏の不調回復などにも良いことをご存じでしょうか?
今回は、今の時期に美味しくヘルシーな、「梨」についてご紹介します。

目次

  • 梨は今が美味しい!
  • 梨の栄養と効能
  • 美味しい梨の選び方と保存方法
  • おわりに

梨は今が美味しい!

梨は品種によって少しずつ収穫の時期がずれ、早いものだと「幸水」などが7月頃から出回り始めます。
そのあと、8月に「豊水」「20世紀梨」、9月に「新高梨」が出回るのですが、最も旬の時期は8月から9月と言われています。

梨はバラ科ナシ属の木になる果実で、中国が原産とされ、日本には弥生時代に入ってきたとされています。沖縄以外全国で栽培、出荷されています。
農林水産省がまとめた平成29年度の全国都道府県別収穫量によると、千葉県が13%、茨城県が10%、栃木県及び福島県がそれぞれ8%、鳥取県が7%、長野県が6%となっており、この6県で全国の約5割を占めているようです。

梨の種類は大きく分けると3種類。和梨、中国梨、洋梨です。
中国梨は日本ではあまり普及せず、一部地方だけで生産されています。洋梨の様に追熟させるタイプですが、食感や味は和梨に近いようです。
洋梨は近年、国内でも盛んに生産されるようになり、認知度も上がってきました。追熟させるタイプで、食感は和梨のようにさっぱりではなく、どちらかと言えばねっとりとしたものです。

梨の栄養と効能

梨(今回は、主に和梨に関してご紹介していきます。)は水分が多くさっぱりとした味わいのイメージ通り、甘味の割に低カロリーです。
しっかり甘いのに低カロリーな理由は、梨の甘味はショ糖(砂糖)よりも甘味度の強い、果糖が多めで構成されているためです。
また、梨独特のシャリシャリとした食感は「石細胞」といわれる構造で、これは豊富な食物繊維によって形成されています。
その他、梨にはアスパラギン酸、リンゴ酸、クエン酸、カリウムといった栄養成分が含まれています。
そのため、以下のような効能があります。

1.夏バテを回復
梨には、夏バテの原因になる疲労の回復に役立つアミノ酸の一つ「アスパラギン酸」が100gあたり140mgと豊富に含まれています。
他にも、疲労回復によいクエン酸やリンゴ酸も含まれています。
さらに、タンパク質分解酵素のプロテアーゼも含むことから、生の状態でタンパク質食品と食べ合わせると、その消化を助けてくれます。
そのため胃腸の疲れによる夏バテにも効果的であり、夏バテ回復にぜひ食べたい果物です。

2.高血圧予防
梨に豊富に含まれるカリウムは、体内からナトリウムを出す働きがあります。そのため高血圧予防にもオススメの食材です。

3.デトックス効果
梨は、食物繊維が豊富なことから整腸作用が期待できます。
また、先ほども書いたカリウムだけでなく水分も豊富なので、利尿作用もあり、体内の余分なものを外に出す能力に優れていると考えられます。

さらに、梨はソルビトールという、甘く冷涼感のある糖アルコールも含まれており、このソルビトールには咳止めや解熱効果があると言われています。
美味しいだけでなく、様々な効能が期待できる梨。
旬のうちにたくさん食べておきたいですね!

美味しい梨の選び方と保存方法

さて、せっかく梨を食べるのであれば、美味しいものを選びたいですよね。
ここからは、美味しい梨の選び方と、美味しさを保つ方法についてご紹介したいと思います。

【選び方】

・形
梨は、お尻の方が甘味が強くなっています。そのため、選ぶ時はやや扁平気味で、お尻がどっしりとした感じのものが良いです。

・色
和梨には「赤梨」と「青梨」の2種類があります。
赤梨は、皮の色が茶色い梨のことで「幸水」などがあげられます。甘い品種が多いのが特徴です。
青梨は、「20世紀」という品種が代表とされる淡黄緑色の梨で、赤梨のように甘味が強くはありませんが、上品な味わいがあります。
赤梨は薄い茶色の状態より、少し赤みがかった色になってきた頃が食べ頃だそうです。
一方青梨は、緑色の状態はシャキシャキとしていてみずみずしく、それが黄色みを帯びるにしたがって甘味が強くなるそうです。

・その他
梨に軸がしっかりと付いていて干からびていないもの。また、持った時に果実に張りがあって固く締まっているものを選ぶとジューシーで美味しい梨と言われています。

【保存方法】

梨のシャキシャキとした食感とジューシーさを損なわないよう、ビニールなどの袋に入れて乾燥を防ぎ、冷蔵庫の野菜室にいれておくのがオススメです。そうしておけば1週間近くは美味しい状態で保つことができます。ただ、もしも梨を買い過ぎてしまった時は、コンポートにしたり、ピューレ状にしたりして冷凍するのがオススメです。

おわりに

いかがでしたか?ほぼ全国で栽培されているという梨ですが、確かに思い返すと子どもの頃、地元にも直売場があって買いに行った記憶があります。
普段何気なく食べていた方が多いとは思いますが、ぜひ今年は、梨には様々な効用があることを思い出しつつ食べていただけると幸いです。

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
好宮聖子

好宮聖子

管理栄養士。幼少の頃から食べることが好きで、いつからか食べるものや栄養に興味を持ち始める。大学で管理栄養士専攻に進み、「今日食べた物が10年後20年後の自分を作る」こと、「健康づくりは健康なうちからおこなわないといけない」ことを確信。食品の研究開発、スポーツジムでの栄養カウンセラーを経て、健康関連の新規事業立ち上げに携わるためAOKIグループへ入社。
道行く人誰にでも声をかける、スーパー社交的な息子(母は笑顔で見守るしかない)と普段は大人しいが、構って欲しい時の声は誰よりも大きい娘を育てる2児の母。

RELATED
関連記事

NEW ENTRY
最新記事

PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!