• シェア
  • twitter

バランスのよい朝食を手軽に実践する方法

好宮聖子 好宮聖子

こんにちは、管理栄養士の好宮です。
突然ですが、皆さまの朝食、栄養バランスとれていらっしゃいますか?
「全く食べないよりは何でも良いから口に入れる」・・・たしかに、これはこれで間違ってはいないと思います。
しかしやっぱり「バランス良い」ほうが体にはいいのです。
今回は、日々忙しい皆さまに、手軽にバランスの良い朝食を実践する方法をご紹介したいと思います。

目次

  • 多くの人が陥りがちな「主食だけ朝食」
  • 栄養バランスの悪い朝食は不調の原因に
  • 明日から実践できる!バランスのよい朝食の摂り方
  • まとめ

多くの人が陥りがちな「主食だけ朝食」

以前、アンケートにより、朝食で重要視するところは「栄養バランス」より「調理時間の短さや手軽さ」であるという結果が出た、という記事がインターネットで流れました。
またその記事によると、朝食で必ず食べる(飲む)ものは、「ごはん・パン・シリアルなどの主食」と回答した人が、8割近いのに比較して、サラダや卵料理などのタンパク質源やビタミン・ミネラルが補給できるものを摂っている人は3割にも満たず、多くの人が主食メインのバランスが良いとは言えない朝食を摂っていることが分かったそうです。

栄養バランスの悪い朝食は不調の原因に

たしかに、朝は忙しいですよね。
私も、家族の食事の用意や自分の身仕度であっという間に時間が流れて、気が付けば出発時間という朝を何度となく経験しています。

しかし、偏った朝食は体のダルさだけではなく、朝の目覚めにも少なからず影響を及ぼすのです。
少し溯りますが、2014年に行われた朝食に関する調査において、朝食のバランスが悪い人ほど「身体が重い」(47.3%)、「しっかり寝たはずなのに寝不足」(46.9%)、「目がなかなか覚めない」(33.9%)といった症状を訴える傾向にあった、とマスコミで取り上げられていました。

明日から実践できる!バランスのよい朝食の摂り方

時間はない・・・しかし体調も万全でいたい・・・とても悩ましい朝食問題ですが、いくつかのポイントを押さえれば実は簡単にバランスの良い朝食を実践できるのです。

1.タンパク質をまずはプラスする!

朝食で摂れていないタンパク質を、毎朝1つ摂取することを前提に朝食のメニューを考えてみましょう。
自炊でなくても大丈夫です。
コンビニなどで購入する方も多いと思いますが、サンドイッチなどを選ぶようにするだけでOKです。
また、そんな時間はない!という方はプロテインドリンクなら手軽に取り入れられます。
午前中からお昼にかけては筋肉がつくられやすい時間です。材料となるタンパク質が朝食で補給できていないのはとてももったいなく、「+タンパク質」はぜひ実践してみていただきたいです。

2.菓子パンをグラノーラに変更!

朝ごはんを作る時間がなく、菓子パンだけで済ませてしまっている人におすすめなのが、グラノーラです。
オーツ麦をはじめとした穀物類やドライフルーツ、ナッツ類がたっぷりのグラノーラは、一品だけでバランス良く栄養を摂ることが出来ます。さらに、ヨーグルトや牛乳をかけて食べることで栄養バランスがアップし、1のポイントも抑えられます。
不足しがちな食物繊維や鉄分もたっぷり含まれているので、特にメイクや育児にと忙しい女性にオススメです。

3.主食+牛乳+サプリメント!

そもそも、「食べないよりは・・・」と口に入れたトーストやおにぎりなどの主食ですが、ビタミンやミネラルがないとうまくエネルギーとしてまわってくれません・・・。
しかし、繰り返しになりますが、ただでさえバタバタしがちな朝、きちんとバランスよくというのは難しいことが多いですよね。
そんなとき、手軽に栄養のバランスをとる方法があります。

例えば、現代人の忙しい朝にありがちな「トーストのみ」の朝食のバランスグラフを見てみましょう。
非常に偏り、栄養が不足していることがわかります。

 

 

しかし、ここに手軽で飲みやすいタンパク質の代表格『牛乳』と、今回は検証のため、ビタミン・ミネラルが22種類入った『フルパワー10』を加えてみると・・・

どうでしょう?
ぐぐっとバランスグラフが良くなりました!
健康づくりは毎日の積み重ねが何より大切です。
「ちょっとバランス悪かったかなあ」という時は、フルパワー10のような、マルチビタミンミネラル配合のサプリメントをササッと飲んでいただくだけでバランスが整います。

なお、フルパワー10はこちらからお試しいただけます→通販限定!フルパワー10の980円モニターを募集します!

※50代女性(身長157cm、体重54kg)の目標摂取量で計算
※ビタミンとミネラルは栄養機能食品表示対象栄養素(ビタミンKを除くすべてのビタミン、鉄、銅、亜鉛、カルシウム、マグネシウム)の値を計算
※フルパワー10 (1日1袋摂取が目安)の栄養成分量は1/3袋当量で計算

まとめ

・朝食を摂っている人の多くが、重要視するところは「栄養バランス」より「調理時間の短さや手軽さ」であり、実際「主食のみの摂取」にとどまっている
・偏った朝食は「身体が重い」や「スッキリと起きられない」、「目覚めの悪さ」といった朝の不調を招いている
・「タンパク質を追加する」「グラノーラを取り入れる」「サプリメント(今回はフルパワー10で検証)を活用」で意外と簡単にバランス朝食は実践できる

いかがでしたか?
私自身、栄養学を勉強するまでは、なぜあちこちで朝食はバランス良く食べた方がいいと強く言われているのか本当には分かっていませんでした。
しかし、栄養を学べば学ぶほど、バランスの良い朝食は大切なんだと思わされます。
バランスの良い朝食、と聞くとどうしても「自炊。ご飯、お味噌汁、焼き魚、副菜」というイメージがまず出てきてしまう方もいると思います。
しかしそこまで難しく考えず、コンビニや健康食品など取り入れつつ、出来る範囲で実践していただけたらと思います。

  • シェア
  • twitter

「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは 以下画像をクリックで記事を見る

The following two tabs change content below.
好宮聖子

好宮聖子

管理栄養士。幼少の頃から食べることが好きで、いつからか食べるものや栄養に興味を持ち始める。大学で管理栄養士専攻に進み、「今日食べた物が10年後20年後の自分を作る」こと、「健康づくりは健康なうちからおこなわないといけない」ことを確信。食品の研究開発、スポーツジムでの栄養カウンセラーを経て、健康関連の新規事業立ち上げに携わるためAOKIグループへ入社。
道行く人誰にでも声をかける、スーパー社交的な息子(母は笑顔で見守るしかない)と普段は大人しいが、構って欲しい時の声は誰よりも大きい娘を育てる2児の母。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!