• シェア
  • twitter

今年は豊漁!?養殖できない!?秋の味覚「サンマ」を徹底解剖!

好宮聖子 好宮聖子

こんにちは、管理栄養士の好宮です。
ようやく気温が下がってきて、秋が来たなと実感できる日が増えてきましたね。
さて、以前に秋の味覚「キノコ」についてご紹介しましたが、もう一つの秋の味覚代表格である「サンマ」について、今回はご紹介したいと思います。

秋の味覚『サンマ』!今年は豊漁で大きさも1.3倍!?

サンマは、秋から春にかけて黒潮周辺の水域で生まれて、成長しながら北上します。
そして北海道よりさらに北のオホーツク海でたっぷりと栄養をとって、今度は夏から秋にかけて南下を始めます。
そのため、日本でのサンマ漁は北海道から三陸沖を通過する9月から11月が最盛期となります。
さらに、この時期のサンマは1年のうちで最も脂が乗っていて大変美味しくいただけます。
サンマと言えば秋!というイメージ通り、9~11月はまさに旬なのです。
そんなサンマの漁獲量1位は、やはり北海道で、日本全国の漁獲量の約半分を占めます。

サンマは、通年スーパー等で手に入る魚であり、旬の時期になるといつもの半値くらいに下がるので、日本の食卓になじみ深い食材です。
とてもたくさん獲れるので、過去には「サンマの資源(※)は無限」とまで言われていました。

しかし、そんな無限にあった秋の味覚サンマが、近年不漁続きだったのはご存じでしょうか。

原因の一つがここ数年の日本周辺の水温の高さです。
低い水温を好むサンマは、この水温の変化により日本近海に入りづらい状況が続いていたのです。

ところが、今年はラニーニャ現象が終息し、海水の温度が低くなっています。そのためか、北海道東部における8月のサンマの水揚げは、前年比2.4倍と豊漁となっています。
また、北極海の氷が解けて、サンマの餌であるプランクトンが増えたため、たくさん餌を食べて大きくなったサンマが獲れているそうです。どのくらい大きいかというと、昨年と比べて1.3倍!
まさに今年は久々の当たり年と言えるでしょう。

一方で、北海道南部から三陸沖の沿岸に近づくにつれて漁獲量は減る可能性が指摘されています。
その理由は、三陸沖の水温は高いままのため、このままだとサンマの群れが日本沿岸を避けて南下するかもしれないからだそうです。
そうなった時には、近年サンマブームが来ている台湾や中国に獲りつくされてしまう恐れがあるそうです。

※資源・・・自然から得る原材料で、産業のもととなる有用物。土地・水・埋蔵鉱物・森林・水産生物など。天然資源。「海洋資源」「地下資源」

漁獲量が減っても『養殖サンマがいない』理由とは

実は、ここ数年で中国や台湾はサンマブームが来ています。
中国でのサンマ漁獲量は、ここ5年で24倍・・・。和食ブームでサンマを出す日本食レストランが増え、人気が高まっているのだそうです。
また、台湾はもともとサンマを食べる文化がありました。ただ、レシピの幅は少なく、「素揚げ」等簡単なものばかりです。

しかし近年、中国でのサンマブームが起きて、台湾から中国へのサンマ輸出量は大幅に増えました。
結果、台湾は2013年よりサンマ漁獲量世界一となっています。

この台湾や中国はサンマの漁獲量に対して規制がありません。
そのため、今後はサンマの奪い合いがさらに加速する可能性が考えられるそうです。
今後も美味しいサンマを食べるためには、早急に国際的なルールの整備が必要そうですね。

ところで、近海で獲れないならば養殖すれば良いのでは?と素人考えで思ったので調べてみました。
すると、なんとサンマの養殖は現在では「ほぼ不可能」とされていることが分かりました!

サンマは自由に泳ぐ魚のため、水槽などでは安定して泳げず、ほとんどが死亡してしまいます。
確かに、水族館等でサンマを見ることはありません。
また、外敵から身を守るための鱗が、サンマはとても剥がれやすく、養殖場の網などでも体が傷つき死んでしまうのだそうです。

・・・うーん、書いているだけで、養殖への道が厳しいと分かります。

しかし、そこはサンマを愛する国世界一(!?)の日本!
2000年開館のアクアマリンふくしまは、開館前からサンマの飼育に取り組み、大型水槽をいくつも備えた飼育困難魚育成施設を作って、3年かけて展示にこぎつけたそうです。
さらにはそこから、定期的に飼育サンマを展示されているのだそう・・・。

ますますの技術発展が待ち遠しいですね!

美味しいサンマの選び方と栄養

さて、ここまで様々なサンマ情報をご紹介してきましたが、やはり最後は「美味しいサンマ」の選び方を知っておきたいですよね。

まず、魚なので「鮮度」が大切ですが、サンマの場合、下あごが黄色いものが鮮度が良いとされています。なお、よく売り場で見かける、皮が傷ついていたり目が充血しているものは鮮度とは関係ありませんので、見るのは「下あご」です。
鮮度が落ちてくると黄色から茶色に変化していきますので、よーく見てみてくださいね。

また、「脂乗り」も美味しさの重要なポイントです。
サンマでは、首の付け根から背中にかけてこんもりと盛り上がっているものほど脂乗りが良いです。
今年は去年より全体的に脂乗りが良いそうなので、選ぶのが楽しくなりそうです。

なお、サンマには動脈硬化予防効果があるDHAとEPAが豊富に含まれています。
中国でサンマブームを後押ししたのは、このサンマの健康効果もあったそうです。
また、必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質が特徴で、サンマのアミノ酸は吸収されやすいです。
眼精疲労や美肌にも良いビタミンAも豊富です。

美味しいだけでなく栄養も豊富なサンマを、ぜひ旬の時期に味わいたいですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
サンマは養殖できないなんて、実は初めて知りました。
サンマに限らず、限りある資源を日々頂いているのだなと改めて思いました。
当たり前のように食卓にのる「サンマ」ですが、今年は、有難く美味しさを噛みしめながら頂きたいと思います。

※こちらは先日、範編集員が食べた『さんまのコンフィ』だそうです!

たくさん、秋の味覚を楽しみたいですね!

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
好宮聖子

好宮聖子

管理栄養士。幼少の頃から食べることが好きで、いつからか食べるものや栄養に興味を持ち始める。大学で管理栄養士専攻に進み、「今日食べた物が10年後20年後の自分を作る」こと、「健康づくりは健康なうちからおこなわないといけない」ことを確信。食品の研究開発、スポーツジムでの栄養カウンセラーを経て、健康関連の新規事業立ち上げに携わるためAOKIグループへ入社。
道行く人誰にでも声をかける、スーパー社交的な息子(母は笑顔で見守るしかない)と普段は大人しいが、構って欲しい時の声は誰よりも大きい娘を育てる2児の母。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!