• シェア
  • twitter

スマホの使い過ぎに注意!健康とスマホの関係とは!?

佐藤登彦(さとうたかひこ) 佐藤登彦(さとうたかひこ)

こんにちは!AOKISM編集部の佐藤登彦(さとうたかひこ)です。今回はスマホを使いすぎることでの健康上の注意点をご紹介します。普段から様々なシーンでスマホを利用する機会があると思います。スマホはとても便利なものですが、何事も限度が必要ですよね。スマホとの上手な付き合い方を考えるうえで、ぜひこの機会にご覧ください。

肩コリや手足のしびれの原因とは

みなさまは気が付いたら肩や首がこってしまって痛い、という経験はありませんか?様々な要因が考えられますが、もしかしたらスマホの使い過ぎが原因かもしれません。パソコンやスマホを使用していると、普段の姿勢に比べて下を向いたり、猫背になる事が多くなります。特にスマホの場合だと、ついつい夢中になっていつの間にか長時間画面を 見続けてしまっていたり、寝ころびながらでも見てしまっていたり、という方は多いのではないでしょうか。

こうした姿勢を続けていると起こりうるのが、「ストレートネック」です。通常、首の骨(頸椎)はゆるやかにカーブしていて、重たい頭をクッションのように支えているのですが、うつむいた姿勢を長い時間続けることで首が直線に近い状態になってしまいます。その結果、頭の重心が前に移動してしまい、重さを分散して支えられなくなるため、首まわりの筋肉に大きな負担がかかることになります。 そして筋肉が緊張したままになるので、血行が妨げられ、慢性的な首の痛みや肩こりなどの症状が現れます。さらに症状が進行すると、首の神経を傷め、頭痛・片頭痛、手足のしびれ、めまいや吐き気などを起こす可能性もあります。
ストレートネックの問題点は、普段の姿勢から形成されたものであるため、一度なってしまうとすぐには治らないということです。予防としては、①前傾姿勢にならないように姿勢に気を付けること、②パソコンやスマホを長時間見続けるとき は、適度に肩や腕・頭を回してストレッチをすること、③就寝時の枕を適切な高さ(仰向けの時に頭がまっすぐ 向いている状態)にすること、などが考えられます。また、お風呂などで筋肉をほぐしたり、血流を良くすることも重要です。

睡眠の質とスマホの関係

スマホやパソコンの画面などのLEDディスプレイやLED照明からは、ブルーライトという光が発せられています。このブルーライトは、ヒトの目で見ることのできる光(可視光線)の中でも、最も波長が短く、紫外線に近い強いエネルギーを持っています。紫外線に近い強さ、というくらいですから 、ブルーライトから体に与える負担は小さくありません。眼への影響はもちろんのこと、実は睡眠の質とも大きな関係があります。ハーバード大学の研究で、ブルーライトは睡眠を促進させる働きのあるメラトニンの分泌を妨げてしまうことがわかっています。そのため、就寝前にスマホを見ると、睡眠が浅くなり疲れがとれにくくなってしまう恐れがあります。布団に入りながらついつい見てしまいがちですが、睡眠の質を高めるためにも、我慢をしたほうが良さそうですね。また、スマホは目との距離が比較的近いため、パソコンなどよりもブルーライトの影響を受けやすい ので、その点も注意が必要です。

ネット依存と健康被害について

みなさまは普段スマホをどのように使っていますか?ニュースを見たり、SNSを利用したりと様々だとは思います。スマホの使用頻度が高くなるほど、上述にように健康への影響が出やすくなります。また、健康に良くないとなんとなくわかっていても、気が付くとスマホを見てしまっている、という方も多いのではないでしょうか。
2018年9月に厚生労働省研究班からの発表で、中高生の1割強がネット依存の可能性があると報道されました。前回の平成24年のアンケートに比べて、該当者数はほぼ倍増となりました。厚労省によるとSNSやオンラインゲームの普及が大きな要因であるとされています。さらに、ネット依存で問題を起こした経験の中では、「成績低下」「居眠り」「遅刻」「友達とのトラブル」の順だったそうです。
このアンケートは中高生を対象にしたものではありますが、社会人にも共通する部分は多いと思います。スマホへの依存は、健康面の実害の他に、仕事のパフォーマンス 低下や、人間関係などからの精神面での悪影響にもつながってしまう恐れがあります。ご自身やご家族様がスマホへ依存してしまってないか、改めて考えてみてはいかがでしょうか 。

今回は身近なスマホについての記事でした。いかがでしたでしょうか。私もスマホ利用の頻度が高かったため、これを機にスマホとのつきあい方を見直すことにしました。まずは寝る直前のスマホを我慢することから始めました。みなさんも、できるところからやってみてください!
(参考:総務省HP、厚生労働省HP、東京医科大学HP、明神館クリニックHP、ブルーライト研究会HP)

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
佐藤登彦(さとうたかひこ)

佐藤登彦(さとうたかひこ)

AOKIグループ 寿本舗株式会社 AOKISM編集者。
AOKI店舗で接客業を学び、その後商品部、新規事業部などを経験。ベテランでも若手でもない立ち位置だからこそできる情報を皆様にお伝えしていきます。千葉出身の独身貴族。好きなものはカラオケと焼き鳥。メガネをたくさん持っています。

RELATED
関連記事

NEW ENTRY
最新記事

PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!