• シェア
  • twitter

11月1日は紅茶の日!紅茶でリラックスはいかが?

好宮聖子 好宮聖子

こんにちは、管理栄養士の好宮です。
秋が深まり、温かい紅茶が恋しくなってきましたね。

実は、11月1日は「紅茶の日」として制定されています。香り高く、この季節にピッタリの「紅茶」について今回は、ご紹介したいと思います。

11月1日は紅茶の日

さて、なぜ11月1日が紅茶の日に制定されたかというと、この日、日本人が初めて外国での正式な茶会で紅茶を飲んだためだそうです。
その人物の名前は、大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)。
海難にあってロシアに漂着した日本人で伊勢の国(現在の三重県)の船主でした。帰国の許可がなかなか下りず、ロシアに10年間滞在せざるを得なかった大黒屋光太夫は辛い日々を過ごしていましたが、ロシアの上流階級に普及しつつあったお茶会に招かれる機会に恵まれました。

とりわけ、1791年の11月には女帝エカテリーナ2世に接見し、茶会にも招かれたと考えられているため11月1日は「紅茶の日」と制定されました。

ところで、意外と知られていませんが、紅茶の樹は、緑茶やウーロン茶と同じツバキ科の常緑樹です。
つまり、茶葉は同じものということになります。

では、何が違うかというと、発酵の度合いです。
緑茶は「不発酵」、ウーロン茶は「半発酵」の状態です。これらに対して、「完全発酵」しているのが紅茶なのです。
しかし、完全発酵と言いつつも発酵は作り手によってコントロールできるため、茶葉の状態を見ながら、発酵を途中で止め、様々な風味の紅茶が作り出されています。

リラックスや抗酸化作用も!?紅茶の健康効果とは

ところで、「発酵」と聞くと、「菌や微生物」が関係しているの?と思いがちですよね。
実はお茶の発酵には、菌や微生物は関与していません。
「お茶の発酵」は、その化学変化の過程が良くわからない頃に、「きっと菌か微生物が発酵させているのだろう」と思われ、その過程が「Fermentation:発酵」と呼ばれました。
その名残で、今でも「発酵」と呼んでいるだけで、本当の意味での発酵ではないそうです。

では、どんな化学反応が起きているのでしょうか。

お茶にはタンニン(カテキン類)が含まれています。
紅茶の発酵は、このタンニンがお茶自身が持っている酸化酵素(ポリフェノールオキシダーゼ、ペルオキシダーゼ)によって結合され、テアフラビン、テアルビジンといった成分に変わることで起こり、紅茶独特の風味が生まれます。

そして、この時にできる「テアフラビン」が健康によいと、近年度々注目されているのです。
テアフラビンは、現在のところ抗酸化作用をはじめとし、メタボリックシンドローム予防、口腔ケア効果などのデータが報告されています。
その他にも、2009~2013年に静岡で行われた地域結集型共同研究事業(※)での動物試験においては、テアフラビン摂取による血流改善の効果や、インフルエンザウイルスに対して強力な抗ウイルス効果を有することについても明らかにされています。

また、紅茶に含まれる「テアニン」という成分にはリラックス効果が期待されています。
たしかに、紅茶を飲むと気持ちが落ち着き、頭がスッキリしますよね。
頭をスッキリさせる飲料と言えば、他にコーヒーが思いつきますが、紅茶はコーヒーより神経を興奮させる作用が低いと言われています。
紅茶にもコーヒー同様、神経を興奮させるカフェインが含まれているのにどうして違いがでるのでしょうか。
その違いの理由が「テアニン」なのです。
テアニンには神経を落ち着かせる作用があり、スムーズな眠りを促したり、ストレスを軽減させたりする効果があると言われています。
このテアニンを同時に摂取できるため、紅茶を飲むと頭がスッキリしつつも穏やかな気分になれるのです。

※地域結集型共同研究事業・・・地域として企業化の必要性の高い分野の個別的研究開発課題を集中的に取り扱う産学官の共同研究事業。

香りが違う!美味しい紅茶の淹れ方

さて、ここまで読んだら、無性に美味しい紅茶が飲みたくなってきませんか・・・?

紅茶の醍醐味といえばやはり「香り」です。
香り高い紅茶を入れるために、大切なのは「ジャンピング」と「ベスト・ドロップ」いわれています。

ジャンピングとは、ポット内で茶葉が上下に浮遊することです。このジャンピングがうまくいくと、茶葉が開いて香り高い紅茶がいただけます。
うまくジャンピングを起こさせるためのポイントは2つです。
・汲みたての水(軟水)を使う・・・空気をたくさん含んだお水を使うことでジャンピングが起こりやすくなります。
・ティーポットやガラス製のティーサーバーを使う・・・急須などでも構いませんが、中に茶こしがあるタイプですと窮屈で茶葉がうまくジャンピングできません。なるべく空間のあるものを使って、茶葉を存分に躍らせてください。

また、ベスト・ドロップとは、抽出した紅茶の最後の一滴のことで、紅茶はこれが一番香り高いと言われています。最後の一滴までしっかりとカップに注ぎましょう。

このポイントをおさえておけば、あとは手順に沿って淹れるだけです。
①やかんに汲みたての水を入れて、火にかけ沸騰させます。5円玉くらいの泡がボコボコ出ている状態が目安です。また、ポットとカップにお湯を注ぎ、全体を温めておきましょう。
②温めたポットに、ティースプーン1杯(2~3g)を1人分として、人数分の茶葉を入れます。沸騰したてのお湯を人数分(1杯分150~160mlが目安)勢いよく注ぎ、すぐに蓋をして蒸らします。蒸らし時間は、細かい茶葉なら2分半~3分、大きい茶葉ならば3~4分が目安です。
③茶こしで茶ガラをこしながら、最後の一滴まで注いでください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
最近はコーヒーを飲むことが多かったのですが、久々に紅茶を淹れて飲んでみると、なんとも穏やかな気持ちになれました。
リラックスは健康のためにも大切で、体内の免疫機能が活性化します。
ぜひ、美味しい紅茶を楽しみつつ、元気な秋をお過ごしください。

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
好宮聖子

好宮聖子

管理栄養士。幼少の頃から食べることが好きで、いつからか食べるものや栄養に興味を持ち始める。大学で管理栄養士専攻に進み、「今日食べた物が10年後20年後の自分を作る」こと、「健康づくりは健康なうちからおこなわないといけない」ことを確信。食品の研究開発、スポーツジムでの栄養カウンセラーを経て、健康関連の新規事業立ち上げに携わるためAOKIグループへ入社。
道行く人誰にでも声をかける、スーパー社交的な息子(母は笑顔で見守るしかない)と普段は大人しいが、構って欲しい時の声は誰よりも大きい娘を育てる2児の母。
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!