• シェア
  • twitter

1日何食たべると健康に良いのか

範舟 範舟

皆さんこんにちは!暖冬といわれている今期ですが、なかなかそうとは思えないような寒い日が続いていますね。なんでも2019年2月の気温は平年を大きく下回っているそうです。体調にはくれぐれもお気をつけください。さて本日は、食事は1日何食たべるのが健康に良いのかについて調べてみようと思います。

1日に必要とされるカロリーは性別、年代によって違う

既にご存知のことだと思いますが、1日に必要なカロリーというものは年代、運動レベル、性別によって異なります。厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)を元に日本医師会が作成した表が分かりやすいので掲載します。

ちなみに、運動レベルとは1日あたりの総エネルギー消費量を1日あたりの基礎代謝量で割った指標のことで、それぞれ以下の状態を指します。

レベルⅠ → 生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合

レベルⅡ → 座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合

レベルⅢ → 移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合

このようにしてみると、例えば20代男性、座位中心の生活の人は2,280kcalが必要カロリーということが分かりますね。

1日3食という文化が根付いたのは近代に入ってから

私たちは普段何気なく1日3食ということを意識して生活していると思います。ただ先ほどのカロリーがとれていれば、1日3食ではなく、1日2食だったり、4食などで必要なカロリーを取れればいいのではないかという意見が出てくるのはある意味自然のことですよね。実際に日本はもともと1日2食習慣だったといわれています。

平安時代などは、10時から12時頃と、16時頃に食べていたとされていることが、枕草子での清少納言の言葉から読み取ることができます。江戸後期に起きる大火災、「明暦の大火」からの立て直しを幕府が推進した際に、労働で疲れた人々の不満を解消するために昼食を提供したことが、日本での3食の「はしり」だといわれています。ただこれでも全国民には広まらず、1日2食は普通のこととして考えられていました。しかし、貨幣経済が発達すると、それまで食べていた玄米ではなく、白米を食べることが増えるようになりました。白米は玄米よりも体内血糖値の上昇が早いため、すぐに満腹感を得ることができますが、玄米と違い満腹感が継続しにくいため空腹になりやすくなります。その後明治に入り、軍隊への1日3食習慣の普及があったことと、昭和に入ってから1日に必要なカロリーとされた2500kcal~2700kcalを2食でとることは難しいという意見の流れがあり、最終的に1日3食という習慣が根付くことになったのです。

食事の間が空くと血糖値が上昇しやすくなり太りやすくなる

1日何食が健康に良いかということを一概に論ずることは難しいですよね。ただ太りやすいかどうかという観点で見てみると、空腹の状況をなるべくつくらない方がいいということが現代の科学で分かっています。例えば朝食抜きで夕食ということになると、最初の食事が2番目の食事に影響を及ぼすというセカンドミールエフェクトにより、体脂肪の分解を抑えて合成を促すホルモン、インスリンが多く出やすくなります。つまり、摂取カロリーが同じだとしても太りにくいということになりますね。これは昼食を抜いて夕食に回しても同じことです。また、同じ量を食べる場合、1日3食よりも、2食の方が胃腸への負担が増え、消化器系にダメージを与えやすくしてしまうためあまりおすすめされないといいます。では1日3食よりも、1日4食、5食の方が太りにくいのではという意見が出てきますね。実際に欧米の研究では1日5食をとっている人の方が1日3食よりも体脂肪率が低いという研究データがあるそうです。

自らのライフスタイルに合った食事の回数を設定しよう

こうしてみると、カロリー摂取量は一定の場合、なるべく食事の回数を増やした方が太りにくいということが分かりますが、1日5食にいきなり変えるというのは簡単なことではありませんね。食事ができるタイミングというものもあるでしょうし、食べる回数を増やしても1回あたりの摂取カロリーを抑えることに慣れないという方も多くいらっしゃると思います。ただ、太りにくい体作りを目指したいと考えている方は、例えば一食のカロリーは抑えて、間食として血糖値の上がりにくいタンパク質やナッツ類等を挟むなど、いろいろとトライしてみるといいかもしれませんね。

  • シェア
  • twitter
  • 「更年期」女性だけだと思っていませんか?男性にもあった⁉その対処法とは
    以下画像をクリックで記事を見る
The following two tabs change content below.
範舟

範舟

2014年度入社。新宿西口店配属。以降都心の店舗を中心に約1年半、店舗スタッフとして外国のお客様も含めた様々なお客様をご案内。2015年に新規事業設立のサポートに携わり、現在は、主に経営管理業務とWebを担当。目まぐるしく変化する経営環境の中で、鍛練中。趣味はビリヤードとカラオケです!
PAGE TOP
LINE it!
error: Content is protected !!